インプラント保険診療

インプラントの保険診療について

インプラント診療で保険が適用

インプラントは保険適用外の診療ですが、特殊な場合にのみ保険適用ができます。・腫瘍などの病気によるもの・事故などで顎の骨を失った場合・骨移植でも骨再建が無理な場合・先天性疾患によって骨の3分の一以上失っている場合・顎の骨の形成不全が認められる場合などです。インプラントの診療でも、歯や歯ぐきそのものの疾患よりも顎の骨で異常が認められる場合にだけ適用されることがあります。ですから、歯周病などでの適用はないです。また、歯科施設などの基準もあり、普通の歯科医では対応できない場合が多いですので、詳しくは歯科医でよく相談をしてください。

保険適用外のインプラント

歯の治療でインプラント治療を検討している人が多いですが、この治療は、自由診療となって保険適用外となります。自由診療は、治療を行った費用はすべて自費となり、10割負担となります。またこの治療をした所で治療費は自由に決められるとあって、歯科によって、価格幅がとてもあるのです。治療方法は同じであっても。請求される金額がまちまちになるので、出来るだけ安い所を探すのが一番効率が良いと言えるのです。危険を伴う治療ですので、価格だけでは無く、経験と実績がある信用性の高い所を選び治療を行わないと危ないのです。インプラントは綺麗な歯に慣れますが、どこの歯科を選ぶかが重要です。

↑PAGE TOP