インプラントで骨移植

インプラントの保険骨移植とは

インプラントの骨移植保険が適用

インプラントは下顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる手術です。したがって顎の骨が薄すぎると、歯根を固定することができなくなります。しかし骨移植を行なえば、このような場合でも手術を受けられます。原則的にインプラント手術の費用に保険は適用されませんが、例外はあります。先天的異常や外傷、腫瘍などの病気で顎の骨3分の1以上を失い、再建する手術が必要なときは、国の認めた医療機関に限って、保険で治療を受けられるようになっています。治療費などの詳細については、歯科医師に尋ねてみると良いでしょう。

歯医者の保険が効かない

抜けた歯や歯並びの悩み、また欠けてしまったりした時の治療にインプラント治療を希望する人が多くなってきています。保険が適用されない自費となる治療方法で、高額な請求が待っているのです。しかし価格に反して、とても耐久性があり、治療後からの事を考えると逆に安い感じもするのです。治療後は見た目も綺麗で、強度もとても強い物なので、二度と歯医者に来ないつもりで行うようにれば、納得のいく価格なのです。インプラントは自由診療なので、価格は治療した所が決められるとあって、場所によって治療費の幅が凄いのです。そのために出来るだけ安い所で行うのがとても良いのです。

↑PAGE TOP